玉ねぎの甘みが美味しい!味の素の「洋食亭」の和風ハンバーグを実食レビュー

2 min 46 views

味の素が販売している「洋食亭」のハンバーグ。こちらが美味しいとネットで話題になっていたので、実際に購入して早速頂いてみました。

こちらのAJINOMOTO「洋食亭」ハンバーグは現在全2種類

ほろ苦いデミグラスソースの「ジューシーハンバーグ」と玉ねぎソースたっぷりの「和風ハンバーグ」。

今回は和風ハンバーグを実食レビューしていきたいと思います。

調理方法はとっても簡単で、湯煎で18分です。電子レンジでも調理出来ないわけでは無いと思いますが、基本的にはNG。この洋食亭に記載されているのは湯煎のみ。きっと湯煎で仕上げたほうがじっくりジューシーなハンバーグに仕上がるということなのでしょう。

洋食亭和風ハンバーグを実食!

ぶあつくまあるく、丸めたお肉を鉄板とオーブンでじっくり焼き上げ、たっぷりの肉汁とうま味が閉じ込められています。玉葱をしっかり煮詰めて甘味とコクを出した和風のたれが、あふれる肉汁と絶妙に絡み合う絶品ハンバーグです。

こちらの洋食亭和風ハンバーグを早速コトコトと18分湯煎します。すこし湯煎時間が長めですね。すぐに食べたい時には向かないかも?事前に温めておくといいですね。

栄養成分表示は以下の通り。

《1袋160g》あたり、エネルギー(熱量)243kal、たん白質16g、脂質15g、炭水化物11g、食塩相当量2.2g、カリウム320ng、リン192mg

食肉(牛肉、鶏肉、豚肉)、たまねぎ、つなぎ(パン粉、卵白、でん粉、卵白粉、乳たん白、豚肉たん白)、豚脂、食塩、しょうゆ、ドライオニオン、香辛料、植物油脂/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソース[たまねぎ、しょうゆ、醸造酢、砂糖、香辛料/ 増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸)]、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

牛肉オーストラリア
鶏肉日本
豚肉アメリカ、チリ
たまねぎ日本

18分湯煎でボイルした仕上がりです。まあるいハンバーグがごろんと登場!ランチやディナーにちょうどよい大きめのハンバーグがいいですね。

たまねぎソースも想像以上にたっぷりと入っていますので、今回は玉ねぎソースを余すこと亡く堪能するべくお野菜と目玉焼きもONしました。

まあるくて高さのある洋食亭のハンバーグは高さがあるのでタワーのようになりますね!テンションがあがります。

簡単にお箸ですっと切れるふんわり感の中にもお肉の旨味が詰まっていてとっても美味しい!そして玉ねぎソースがなんとも甘くて美味しい〜!付け合せのお野菜にもよく合うので野菜も進みます。もっと野菜が多くても良かったと感じるほど。

この洋食亭ハンバーグで特にこだわって作られているのは生地の製法だそうで、生地が外側と内側の2層になっているため、肉感とジューシーな肉汁の両方を感じることができるのだそう。

これはお子様やお年寄りにもとっても喜ばれそうな旨味のある味付けです。パッケージには玉ねぎのたれと書いてありましたがタレというよりはドレッシングのような、ソースのような感覚です。

そしてご飯が進む!進む!お米の食べすぎに注意ですね。(汗)

肉汁は同じシリーズのデミグラスソース味のジューシーハンバーグのほうが少し多かったように感じました。

こちらはの和風ハンバーグは甘めの優しいお味で、ジューシーハンバーグはほろ苦差が美味しい大人向けのハンバーグのように感じました。

常に冷凍庫に一つストックをおいておきたい。そんな冷凍ハンバーグです。ぜひ皆さんもお試ししてみてください♫
スーパーでは一つ298〜300円台円で購入できました。


お近くに販売店がない場合はAmazonや楽天ショッピングでも変わらない値段で購入が可能です。

洋食亭 和風ハンバーグ 160g味の素冷凍食品
¥3,990 (2020/09/23 01:19:30時点 Amazon調べ-詳細)

よっくらしょ

よっくらしょ

「よっ暮らしょ」管理人

美容師資格、ネイリスト、色彩検定、化粧品検定3級、車の免許、資格とりあえず全部書いてみたけどこれでいいのかな?FPの資格とりたい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です