超お得!楽天お買い物マラソン開催中に楽天ふるさと納税するのが絶対おすすめ!やり方と注意点

4 min 56 views

通販サイト”楽天市場”では、楽天のお買い物マラソンというキャンペーンがほぼ毎月開催されておりキャンペーン開催期間中は1ポイント1円で楽天市場内でお買い物ができる「楽天ポイント」がザクザク貯まるというポイ活&節約マニアには毎月待ち遠しいイベントです。

そんな楽天お買い物マラソンですが、普通であればキャンペーンにエントリーして、最大10店舗までのショップで買いまわりをしてたくさんのポイントをゲットするというのが一般的ですが、楽天お買い物マラソンマニアがこぞってやっているのが「お買い物マラソン開催中に楽天ふるさと納税をする」というもの。

ふるさと納税の返礼品ももらえて更にキャンペーン対象にもカウントされるため、ポイントたくさんがゲットできるので人気のポイ活術なのです。

それではここからは【楽天お買い物マラソン×楽天ふるさと納税】について初心者でもわかりやすく解説していきたいと思います。

楽天お買い物マラソン×楽天ふるさと納税が断トツでお得な理由!

楽天市場では楽天スーパーセールなど様々なお得キャンペーンを常時開催しています。

その中でも「楽天お買い物マラソン」は楽天市場でのお買い物では現金と同じ価値をもつ楽天ポイント(楽天カードの支払いにも使える)がキャンペーン中に1000円以上のお買い物をした店舗数に応じて+1倍(上限あり)で増加していきます。

そして「楽天お買い物マラソン」開催期間中に楽天ふるさと納税をするのがポイ活をする上ではハズせないお得をする裏技です。

①ふるさと納税でも買いまわりキャンペーンの1店舗としてカウントされる

楽天市ふるさと納税でも、ポイント還元率が10倍まで上昇する買いまわり店舗としてカウントされますので楽天ポイントをかなり多く貯めることができます。(定期便は初回購入時のみ)1自治体への寄付=1店舗としてカウントされます。

②節税と返礼品と楽天お買い物ポイントのトリプルお得!

楽天市場でふるさと納税をする場合でも通常のふるさと納税と変わりありませんので確定申告の際に申告し節税ができます。また、楽天市場にしかないお得な返礼品や訳ありふるさと納税商品などお得なものが豊富に取り揃えられています。そして買いまわり1店舗としてカウントされますので1つの自治体へふるさと納税するたびに+1倍(1%)獲得できるポイント率がアップします。(楽天マラソン期間中に購入する商品全てに適用されますのでかなりお得に楽天ポイントを獲得できます)

初心者でもわかる!楽天ふるさと納税のやり方

ふるさと納税はむずかしいんじゃないの??ふるさと納税をしたことがないからわからないという人でも楽天のふるさと納税はとても簡単にできますのでふるさと納税をこれから始めてみたいという人にもとてもおすすめなんですよ。

楽天市場のアカウント情報が利用できるので手続きがあとっても簡単!

楽天市場内の検索バーに「ふるさと納税」と入力するだけで探せるのでわかりやすいのが特徴です。

「人気ランキング」や「口コミレビュー」を簡単にチェックできるのでお得で良い商品を探しやすい

スーパーで購入すると高額な国産うなぎやほたて、いくらなどの海鮮系がとても人気のようですね。

楽天ふるさと納税の4つの注意点

1.注文者情報には必ず「住民票」に登録されている住所で購入しなければいけません

楽天ふるさと納税を行う際に当たり前のことではありますが「注文者情報の登録部分には、納税者としての情報が正しく入力」されていなければいけません。そのため、必ず購入者の住民票に記載されている氏名と住所を注文者情報として事前に登録を済ませておくとスムーズです。
*住民票と異なっていると、税金の控除申請ができません。

2.あくまでも支払うのは「寄付金」、受け取るのは「お礼の品」

楽天市場で行うふるさと納税は通常、楽天市場で行うお買い物と購入しましょう手続きは同じですがあくまでもふるさと納税となりますので、通常の購入と違って希望の品が手元に届くのは寄付をした自治体のタイミングとなります。いつ返礼の品が届くのか事前にチェックしておくのがおすすめです。

3.税金の控除を受ける場合は別途手続きが必要

楽天ふるさと納税の商品を購入しただけ(自治体に寄付をしただけ)では税金は控除されませんので注意しましょう。別途確定申告やワンストップ特例制度にて個人で控除申請をする必要があります。

3.年末は申し込みが殺到、品切れ商品も続出!

毎年10月〜12月の年末にかけて「楽天ふるさと納税」は申し込みが殺到します。そのため、返礼品を受け取るまで通常より長い日数かかってしまったり人気の商品は在庫切れとなってしまうことも。欲しい商品がある場合は早めに購入しましょう

4.ポイント付与には上限があるので注意しよう

楽天ふるさと納税で人気の商品は1万円〜3万円前後のものが多く人気ランキングでもこのような価格帯の商品がほとんどです。そのためたくさんふるさと納税をする人やこれからしたいと思っている人に注意してほしいのが「ポイント付与には上限がある」という点です。

ふるさと納税をたくさんしてもポイント上限に達した場合はそれ以上のポイントは付きません。ポイントの獲得上限は7,000円で、買いまわり店舗の上限は10店舗となっています。

獲得楽天ポイントと購入金額の計算方法

お買い物マラソン中に獲得できる楽天ポイントの計算方法です。

1ショップでの購入は制限なしでお買い物できます。

2店舗の利用では合計購入金額が70万円でポイント付与上限の7,000ポイントに達します。このようにして計算していきますので
・3店舗の利用=合計購入金額上限が→350,000円
・4店舗の利用=合計購入金額上限が→233,333円
・5店舗の利用=合計購入金額上限が→175,000円
・6店舗の利用=合計購入金額上限が→140,000円
・7店舗の利用=合計購入金額上限が→116,666円
・8店舗の利用=合計購入金額上限が→100,000円
・9店舗の利用=合計購入金額上限が→87,500円
・10店舗の利用=合計購入金額上限が→77,777円

となります。買いまわり店舗数が多ければ多いほど合計金額が少なくてもたくさんのポイントをゲットできます。

今回のお買い物マラソンはふるさと納税だけでチャレンジするぞ〜!という場合には10の自治体へ寄付してその合計金額が77,777円に達すると獲得できる楽天ポイントが7,000円に達します。これ以上、例えば12の自治体へ合計で10万円の寄付(購入)をしたとしても楽天お買い物マラソンで貰える楽天ポイントは7,000円となります。

そのため多くのふるさと納税を行いたい場合、上限以上の購入は翌月のお買い物マラソンへ繰り越すのがおすすめです。

楽天ふるさと納税で人気の買いまわり方法

楽天マラソン中の「楽天ふるさと納税」では上手な人はどのように買いまわってどんな商品に寄付しているのでしょうか?

人気の品は1,000円〜5,000円の商品やご当地海鮮

楽天マラソンが開催されていない通常時の楽天ふるさと納税で人気の商品は「1万円〜3万円前後」のカニやいくらやほたてなどのその地域名産のご当地海鮮系グルメです。

そしてたくさんポイントが貯まる「楽天お買い物マラソン」が開催されている期間中に人気の商品は1,000円〜10,000円のもの。1,000円以上のお買い物で多くの店舗を買いまわることで沢山のポイントを稼ぐ方法です。

楽天お買い物マラソンの買い回りで1,000円ポッキリのふるさと納税を買いまわります。「欲しい返礼品の購入&返礼品の楽しみなどは別として、店舗数を稼ぐ」のがおすすめです。(最大10店舗でポイント10倍)

楽天市場のふるさと納税商品は全国各地のご当地グルメも多くどれにしようなあ〜とワクワク楽しめるのもばかり。ぜひまだ始めていないという方は楽天市場のふるさと納税で寄付してみてはいかがでしょうか^^

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です