【料理好きが選ぶ】ホーロー鍋のおすすめブランドを紹介!メリットやデメリットも徹底解説

5 min 25 views

最近では多くの料理に使われるようになって、おしゃれなデザインやブランドも続々登場しているのが「ホーロー鍋」♡

女性が好むキッチン用品やプレゼントにしたいされたいランキングでも常に上位に君臨しています。有名なのはやっぱり”ル・クルーゼ”でしょう。

しかし、最近ではル・クルーゼを超える「バーミキュラ」や「ストウブ」などのホーロー鍋人気ブームが到来!

今回はそれぞれのホーロー鍋の特徴や違い、良さ、正しい使い方などホーロー鍋のアレコレを徹底解説しながら編集部ライター兼料理家でもあるmaikaの厳選おすすめホーロー鍋を紹介します♪

ホーロー鍋とは

煮込み料理やスープ、炒めもの、炊飯などの基礎的な料理から、揚げ物や今話題の無水料理まで、何でも調理可能なのがホーロー鍋(琺瑯鍋)です。

ホーロー鍋とは、鉄などの金属性の鍋に、ガラスを焼き付けコーティングをしている鍋です。様々な色のガラスを焼き付けているため、鍋の見た目はとても綺麗でオシャレなものが多いのが特徴です。

ホーロー鍋のメリット

ル・クルーゼ

ホーロー鍋にはメリットとデメリットがあります。特徴を知ることであなたにピッタリのホーロー鍋を見つけることができます。

メリット① 熱伝導が良い

まず、ホーロー鍋のメリットの1つ目に、調理中の熱の伝導がとてもいいことがあげられます。これは中華鍋などの鉄鍋で炒飯を作ると熱の伝導が良く、美味しくできるのと同じ仕組み。

ホーロー鍋の鍋底から鍋全体にしっかり熱がまんべんなく伝わることでムラなくしっかりと材料全体に熱が通り美味しく調理ができますので、煮込み料理などに特に向いています。

メリット② 無水調理ができる

ホーロー鍋の中でも「ストウブ」や「バーミキュラ」では水を一切使わずに野菜やお肉等のみを鍋に入れて火にかけ調理する”無水料理”ができます。

ブランドにもよりますが、各ブランドの蓋にも加工がされており、密封性が高く蒸気を外に逃がしません。そのため、具材の水分がしっかりと鍋の中に滞留し、”旨味””水分”になるのです。

通常の鍋料理であれば蒸発してしまう水分(蒸気)までも料理にプラスされるように計算して製造されているのです。ホーロー鍋の中でも一番密封性が高いと言われているのはバーミキュラ。

メリット③ 圧力鍋と同様の仕上がり

ホーロー鍋はとても重いですよね。その重さにも理由があり、蓋もとても重くしっかりと密封される設計になっています。

熱の伝導も高く、豚の角煮なども圧力鍋で調理したかのようなジューシーで柔らかい仕上がりになります。

メリット④ 料理が楽になる

煮込み料理をなんだか美味しく作れない!カレーや肉じゃがを美味しく作りたい!

そんなときにもホーロー鍋がおすすめ!野菜など具材の旨味をしっかりと閉じ込めてくれるので料理初心者さんでもシンプルな味付けでとっても美味しく仕上がるんです♪

まるで魔法のようにホーロー鍋が料理を美味しく調理してくれます。面倒な手間必要ありません。ほとんどのホーロー鍋は必要な調味料や具材をすべて鍋に入れて蓋をするだけ。

メリット⑥ 100年長持ち

ホーロー鍋は乱暴にしようぜず、きちんと管理すれば孫の代まで使える「100年は持つ鍋」としても有名です。

そのため有名料理家なども長年愛用している人が多いのが特徴です。

また、焦げ付いてしまってもお湯につけ少しスポンジでこするだけであせよあれよという間に、焦げ付き汚れもするりと落ち、お手入れがとっても楽チン!なんですよ♡

ホーロー鍋のデメリット

デメリット① 重い

ホーロー鍋にはデメリットもありますが一番のデメリットとしてあげられるのはその「重さ」でしょう。

鋳物(いもの)製品なのでずっしりとした重さがあります。鋳物とは金属を溶かして、型に流し込んで作った器などのことを言います。

そのためル・クルーゼやストウブ、バーミキュラなどのホーロー鍋はどれもかなりの重さがあります。

デメリット② 取り扱いに気を使う

高い値段のホーロー鍋は傷つけたくないと、使い始めはとても慎重になるでしょう。

落としたり、ぶつけたりうっかりこすってしまったりなどの衝撃で欠けたり、ガラスコーティングが剥がれてしまわないか?と不安になって慎重に扱っているという声もよく聞きます。

でも実はホーロー鍋はかなり頑丈ですしちょっとやそっとの衝撃ではびくともしないというメリットがありますので、あまり慎重に取り扱わなくても大丈夫なのですよ。

デメリット③ 値段が高い

ホーロー鍋は長く使えて、料理も美味しく熱伝導率が高くガス料金も節約できるのでコストパフォーマンス的には実はかなり高い。

でも、販売価格はどのブランドも一般的な20cmの大きさの鍋でも約3万円と普通の鍋に比べるとやや値段が高いので購入を躊躇してしまいますよね。

「ル・クルーゼ」や「ストウブ」は特にプレゼントにも人気で、女性が欲しいプレゼントランキングでも常に上位を獲得しています。

でも、価格は3万円…気軽に友人の誕生日プレゼントに♡!というわけにもいかない点がややデメリットかも。

でも!最近ではル・クルーゼやストウブのとっても可愛いホーロー製のお皿やキッチンアイテムも充実しています。値段も2,000円〜とプレゼントにとってもおすすめですよ♡

編集部が厳選!【最新】ホーロー鍋のおすすめランキング!

編集部では、ホーロー鍋の研究のため人気のブランドTOP3すべてを取り揃えている「新宿 伊勢丹」で、すべてのホーロー鍋&可愛いお皿などをチェックしてきました!

また各ブランドの販売員さんに特徴や魅力などのお話を詳しく伺ってきました!

これぞホーロー界の王様!【ル・クルーゼ】

ル・クルーゼにはこんな特徴があります。

特徴
  • 熱伝導にとても優れている
  • 鋳物(いもの)ホーローではムラ無く調理ができる
  • 素材の旨みや栄養分を逃さず調理が可能
  • 高い熱伝導で弱火調理でき経済的(ガス料金節約)
  • 底の厚さもあり焦げにくく調理失敗の恐れが少ない
  • 保温力が高くい
  • 余熱で調理が可能
  • 材料の臭いしみつきにくい
  • 特殊な3層ホーロー加工で耐久性が高く長持ちする
  • IHでも使用可能(オーブンでも使用可能)。電子レンジはNGです。

人気超急上昇!無水調理ができる【ストウブ】

STAUB
特徴
  • アロマレイン効果で食材から出た旨味が料理にプラスされまる
  • 蒸気が鍋内で対流しピコによって食材にまんべんなく広がります
  • 食材本来の旨味を最大限に引き出し、ふっくらとした仕上がりに
  • 黒マットエマイユ加工 内部は油なじみがよくお肉を美味しく焼くにはホーロー界ナンバーワン!
  • 高い熱伝導で弱火調理でき経済的(ガス料金節約)
  • 250°までのオーブン調理にも対応
  • 保温性の高いストウブ独自のザラザラとした加工
  • 蓋にある小さな突起(ピコ)で食材をむらなく均一に調理することができます
  • エマイユ(ホーロー)加工で耐久性に優れ、ニオイ移りしない
  • おしゃれな食器としてそのまま使用できる
  • IHでも使用可能(オーブンでも使用可能)。電子レンジはNGです。

画期的なルーキー!密封性の高い【バーミキュラ】

バーミキュラ
特徴
  • ホーロー(琺瑯)で3層コーティングで熱伝導に優れている
  • ダブルハンドルで持ち上げた際の重さが軽く感じる
  • 素材の旨みや栄養分を逃さず調理が可能
  • 高い熱伝導で弱火調理でき経済的(ガス料金節約)
  • 数あるホーロー鍋の中でも密封性が一番高いといわれている
  • 素材の水分だけで調理する無水調理が可能
  • 余熱で調理が可能
  • 日本の職人が1つ1つ丁寧に手作り
  • ライスポットとの併せ使いで料理の幅が広がる
  • IHでも使用可能(オーブンでも使用可能)。電子レンジはNG。

他にも「富士ホーロー野田琺瑯ダンスクシャスールフェラミカユニロイパール金属グッドフェイス月兔印、などの人気メーカーやブランドがあります♪

どれも素晴らしくて迷ってしまいますが、ぜひお好みのものを見つけてくださいね♪

ステンレスやアルミの鍋とホーロー鍋の違い

鍋にはさまざまな種類があります。

その素材やどんな製法で作られているのか、特徴が違いますので鍋の種類によって料理の向き不向きもあります。

今回は、「ホーロー鍋」について詳しく解説しきましたが、家庭で必ず使用している鍋、それが”ステンレスの鍋”や”アルミの鍋”があります。

ステンレス鍋の特徴

ステンレス製の鍋の特徴は、軽くて頑丈なこと。

そして錆びにも強くとても使いやすいので家庭で毎日料理に使うには、手軽でピッタリ!なのです。また、値段も安く買い替えも負担になりません。

ですがステンレスの鍋やフライパンは他の種類と比較するとやや焦げ付きやすいのが難点となります。

アルミ鍋の特徴

アルミ製の鍋も、ステンレス製と同じく軽くて使いやすいのが特徴です。

そして同じく少し焦げ付きやすいというデメリットもあります。

しかしアルミ鍋とステンレス鍋を比較した場合、最大の違いは「アルミ鍋は熱が伝わりやすいため、短時間で火がまわる」さっと火を通したい調理や炒めものにとてもおすすめです。

d傷が付いてしまうとせっかくのアルミ鍋のよさがなくなってしまうので、傷付かないようにお手入れすることが重要です。

代表的な火が通りやすいアルミ鍋には雪平鍋があります。雪平鍋はお味噌汁を作る際などにもとても重宝し、多くの料亭などでも使用されています。

雪平鍋に打ち出しのアルミが多いですが、最近ではステンレス製の雪平鍋も増えて来ています。

ホーロー鍋との違い

アルミ、ステンレス鍋と「ホーロー鍋」を比較した場合の大きな違いは煮込みなどの長時間料理にはホーロー鍋が向いているという事。

熱伝導力が違うため、ホーロー鍋が保温保湿性では優れているので、素材の旨味を引き出せる、ガス料金を節約できるなどが大きな違いと言えるでしょう。

ホーロー鍋のまとめ

ホーロー鍋は1つは持っておくと、料理も楽しくできちゃうしなんだか気分も上がっちゃう♪美味しい料理もできちゃう!

ホーロー鍋は引越し祝い、出産祝い、結婚祝いなどのプレゼントにとても人気!

サイズやメーカーによって1万円台、2万円台、3万円台、5万円台と種類も豊富なのでちょっと高いけどプレゼントもしやすいバリエーションが揃っているんですよ♡

鍋、フライパンはレシピや用途によってさまざまな鍋を使い分けてみてくださいね♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です