バスタオルの買い替え時や頻度は?何年でチェンジすると良い?

4 min 211 views

バスタオルはどのくらいで買い替えていますか?

一般的にはバスタオルがごわごわして不快になってきたらという意見が多いようです。または臭くなって臭いがとれなくなったてしまったらという方も多いのでは。


また、糸のほつれが気になってきたらという場合など、バスタオルを捨てる(変える)タイミングは人それぞれ。ナスタオルはどんなタイミングや時期で交換するのが良いのでしょうか?

バスタオルの買い替え時っていつ?

バスタオルやフェイスタオルは毎日使うものですが、交換時期がイマイチよくわからずにガサガサボロボロになるまで使っているという人も。

バスタオルにも寿命があります。

ですが、各家庭によって使い方や洗濯方法などが異なるため、寿命を決めてしまうのは難しいと言えるでしょう。
ですが平均的にはバスタオルは毎日使用するもので、雑菌が繁殖しやすいため1枚を2日おきに使用し選択する場合で2年ごとに新調するのが良いとされています。

タオル専門店では30回洗ったら、半年〜1年で新しいものに買い替えとの記載されているホームページが多いように見受けられました。

バスタオルの寿命

・タオル専門店の意見=約半年〜1年
・暮らしのプロの意見=2〜3年前後(繊維がごわついてきたりほつれて来たら買い替えでOK)

バスタオルの正しい選び方

バスタオルの正しい選び方を紹介します。

  1. 好みの肌触りで選ぶ
  2. 吸水・速乾性があるものを選ぶと良い
  3. 少々値段が高くても安物ですぐだめになって買い換えるよりも耐久性があるものを選び長く大切に使う
ポイント①

品質にこだわるなら「コットン(綿)素材」がおすすめ。

ポイント②

肌触りと吸収性どちらも譲れないならコットン素材のパイル、無撚糸(織り方)がおすすめ。

ポイント③

ホテル仕様と記載されているものは耐久性があるので長持ちする

ポイント④

自分にあったサイズを選ぶ。身長や使用している洗濯機に合わせて選ぶのがおすすめです。

《コットン(綿)》素材の特徴

バスタオルやフェスタオルで1番人気のある素材です。コットンといえどインド綿、アメリカンコットン、オーガニックコットンなど綿の種類はさまざまです。
最近ではオーガニックコットンの人気が高まっています。

麻(リネン)素材の特徴

寝具や衣類など、多種多様のリネン素材。どんどん水分を吸収してくれて、すぐ乾くと言われるほど耐久性が高く、吸水力にもとても優れています。

コットン素材のようなふんわりとした柔らかさはありませんが使いやすく持ちすることでこちらもファンの多い素材です。

肌触りと吸水性どちらも欲しいところ。でも実は療法を併せ持つのは難しいとされています。なぜなら柔らかいバスタオルはふんわりと織るため肌触りが優しくなりますがやや吸水力に欠けます。吸水力の高いものは太い糸でしっかり織られているためやや硬さがでます。

買い替えにおすすめ!日本3大タオルブランド

バスタオルの買い替えを検討している人におすすめなのが、一度購入するととても長持ちして、毎日の肌触りもよく快適に使えるもの。

品質に絶大な支持をもつのが日本製のタオルメーカーで、その中でも日本で三大タオルメーカーと言われているのが、愛媛県の「今治タオル」、大阪府の「泉州タオル」、三重県の「おぼろタオル」

という3つのタオルブランド。それぞれのタオルに個性や特徴がありますが品質の高さと衛生面へのこだわり、長年愛用できることからバスタオルを買い換えるならぜひおすすめのブランドです。

マイクロファイバー素材には注意しよう

軽くて洗濯後もよく速く乾きますので時短したいなら、マイクロファイバー素材がおすすめではありますが、マイクロファイバーには注意点も。

それは静電気が起こりやすいということ。肌が乾燥しやすい人や、冬場などはときにタオルに触れただけで静電気が「ビリッ!」と走ることも少なくありません。

ふわふわとしたさわり心地で気持ちいいですが、ポリエステル、ナイロンを原料とした合成繊維を使用しているため静電気が起こりやすいのです。

マイクロファイバー素材とくに乾燥機を使用して洗濯物を仕上げている人にはおすすめ出来ません。

おすすめのバスタオルを紹介

入浴後には毎日必ず使用するバスタオル。毎日使うものなので、家族の好みの肌触りや大きさ、吸水性、そしてしっかりとしていて長く気持ちよく使い続けることのできる品質の物が良いですよね。

いざバスタオルを買い換えようと探してみると、各ブランド(メーカー)ごとに色や素材やサイズ、厚みなど種類が多くどれを購入すれば良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は人気バスタオルブランドを調査しました。価格もお手頃で、品質のいいおすすめのバスタオルはこれ!

泉州タオル

手頃な価格と創業から長年愛され続けている「泉州タオル」のバスタオルは、日本製で大判、使いやすく吸水性も高くコスパの良い高品質のバスタオルです。

1枚2000円以下で購入できます。ふわふわとした肌触りと高い吸収力を兼ね備えた理想のバスタオルです。


・吸水性の高いロングパイル素材、オーガニックコットンなど豊富な種類から選べます。

→泉州タオル 公式サイトはこちら

ヒオリエ ホテルスタイルタオル

安くてとにかくコストパフォーマンスが高いのがこちらの「ホテルスタイル」のバスタオル(ビッグフェイスタオル)。

購入なものを購入しても、ライフスタイルやお洗濯事情からどうしても半年〜1年使うと臭いが気になってきたりと短いスパンで買い替えていきたいという人には絶対これがおすすめです。

厚手で素材も申し分ない十分なレベルで、1枚約700円ほどと驚くほど安いのに高品質なのが特徴です。

大判すぎず丁度いい大きさで使用後の扱いも楽というポイントでも高評価を得ています。コスパ重視さんにおすすめ。楽天ランキングではトップの売上を誇る人気のバスタオルです。

→ヒオリエ 公式サイトはこちら

今治タオル

知る人ぞ知る有名タオルブランド「今治タオル」ですがそんな今治タオルにも様々な種類があります。おすすめのバスタオルは愛され続けているベージックラインのバスタオル。

ベーシックラインはとてもシンプルでバスタオルに最適な糸作りからとことんこだわって作られ、肌触り、吸水性、耐久性に優れています。

毎日使ってもしっかり感がとても長持ちする「さすが今治」といえる上質なタオルです。価格は1枚約3,300円。タグもおしゃれでかわいい。

→今治タオル公式サイトはこちら

マイクロコットン

ふわふわしすぎず、しっかりとした素材感で吸水性が高い高級バスタオルです。ただ水分を吸収するだけでなく、絶妙に心地よい肌触りは、至福の時間を与えてくれ、贅沢な時間を味わえる、インド綿100%最高級マイクロコットンバスタオル。

世界40カ国で愛され、販売店舗数は世界で20,000店舗以上。世界中の名立たる海外のホテルや高級百貨店で扱われています。

レギュラーシリーズはドバイ七つ星ホテル「バージ・アル・アラブ」で採用され、さらにラグジュアリーシリーズでは、ホワイトが米国政府公館、ブラックは米国政府専用機で採用されています。

レギュラータオル、ラグジュアリータオルなど種類も豊富。プレゼントにもとてもおすすめのバスタオルです。

→マイクロコットン公式サイトはこちら

バスタオルをもっと快適に使おう!まとめ

バスタオルやフェイスタオルなどは、ぼろぼろになってから、臭くなってからではなかなか買い替えのタイミングが難しくいつまでもか捨てられずに不衛生なバスタオルを使用し続けることになってしまう場合も。

「我が家は2年」などと定期的に交換するタイミングを決めておくのがおすすめです。気持ちの良い入浴後タイムを過ごせるように、バスタオルはいつも調子の良い状態にしておきたいものですね。

よっくらしょ

よっくらしょ

「よっ暮らしょ」管理人

美容師資格、ネイリスト、色彩検定、化粧品検定3級、車の免許、資格とりあえず全部書いてみたけどこれでいいのかな?FPの資格とりたい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です